スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ(最新記事は1つ下へ)

みなさん、こんにちは。「北海道のおいしい時間」においでいただき、ありがとうございます。当ブログは札幌、そして北海道の食を中心に、フードライター・小西由稀が出会った、おいしい時間を綴ります。
※小西由稀からのお知らせをご案内するため、この記事は常にトップに置いています。最新記事はこの1つ下にあります
※「おいしいお店を教えてください」というメッセージをいただきますが、個別にお店の紹介は一切しておりません。また、そういったメッセージには返信もしておりません。ご承知おきください。

【ブログの料理がおいしそう♪と思ってくださった方へ】
●当ブログで掲載している料理は、小西が食事に出かけた日のものです。また、ブログのアップ日と食事に出かけた日は同じではありません。もし、同じメニューを希望の場合は、事前に料理の有無をお店にご確認、ご予約の上、お出かけくださいませ。
●お店や料理内容は、ブログアップ時現在のものです。それ以降は変更になっている場合もあります。どうぞご了承くださいませ。
●コメント欄を閉じることにしました。詳しくはコチラへ。

【著書のご案内】
ph_46.jpg「おいしい札幌2」
●著者/小西由稀、判型・頁数/A5判116ページ、ISBN 978-4-903707-37-2(取次扱)、定価/1,365円(税込)
●「おいしい札幌出張」シリーズの最新刊。出張1は”はじめて””3度目”など札幌との関わり方の頻度でお店をセレクトしましたが、今回は時間でカテゴライズ。17時、19時、朝、日曜など、よりお店のイメージをしやすくセレクト。
●全国の書店さんのほか、版元のエイチエスAmazonでもご購入いただけます。
●この本について書いたブログはコチラへ。
おいしい札幌出張2・先行発売!

「食のつくりびと~北海道でおいしいものをつくる20人の生産者」
●著者/小西由稀、判型・頁数/四六判292ページ、定価/1,575円(税込)
●北海道の生産者を紹介する読みものになります。
●全国の書店さんのほか、版元のエイチエスAmazonでもご購入いただけます。
●この本について書いたブログはコチラへ。
新刊本のタイトル決定
来春に新刊を出します!

ph_20.jpg「おいしい札幌出張~45の美味案内」
●お陰さまで4刷りに入りました。
●全国の書店さんのほか、アマゾンや楽天ブックス等でも取り扱い中。どうぞよろしくお願いいたします。
●著者名/小西由稀、発行元/エイチエス、発売元/コア・アソシエイツ、定価/1000円(税込)、A5判114頁ページ
ISBNコード 978-4-86381-018-1
※「おいしい札幌出張」の詳細はコチラへどうぞ。



【掲載紙・誌】
●読売新聞北海道版の朝刊・木曜日「食彩主義」で隔週連載中。
北海道じゃらんの巻頭ページ「旬の食材×匠の技 今月の一皿」を連載中。
●コープさっぽろの広報誌「ちょこっと」で、隔月で生産者のリポート、旅、まめ知識のページを担当。
【テレビ】
HBC「今日ドキッ!」で、月に1~2回コメンテーター出演させていただいています。
uhb「さぁ!トークだよ」で、不定期にコメンテーター出演させていただいています。
【そのほか】
北海道中山間ふるさと・水と土保全対策委員会の委員を拝命。
●北海道教育庁「心に響く道徳教育推進事業」の非常勤講師を拝命。
●札幌黄ふぁんくらぶ運営委員、札幌黄ブランド化推進協議会構成員
スポンサーサイト

おいしい札幌出張2・先行発売!

お待たせしました!いよいよAmazonでの予約受け付けが始まりました
お届けは3月に入ってからのようですが、どうぞよろしくお願いいたします。

Amazon短縮URLはコチラ⇒http://p.tl/Ngon

【先行販売情報】
※しばらくは、この記事をトップに置きます。随時、加筆修正します。最新情報は2つ下へどうぞ。

お待たせしっぱなしの「おいしい札幌出張2」の全国発売日が正式に決まりました。
少し先ですが2月26日です。

全国発売に先駆けて、札幌市内の大手書店さんで先行発売していただけることになりました。
2月15日現在、ほとんどの書店さんに納入になった旨、連絡が入っています。

そして、一部の飲食店さんでも販売していただいています。
●ほっかいどう お万菜処 まるひら(札幌)
●baR menta(札幌)
●籔半(小樽)
●道産酒バー かま田(札幌)
●CANTINETTA SALÙS(札幌)

本の業界ってなかなか難しいシステムになっていて、今回は前向きな諸事情があり、想定より長くお待たせしてしまうことになり、大変申し訳ありませんでした。

どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>



著者名/小西由稀、発行元/エイチエス、定価/1365円(税込)、A5判116頁ページ
ISBNコード 978-4-903707-37-2

前回は「はじめての札幌出張」「3度目からの」「毎月の」とTPOで分けましたが、今回は「17時からの」「19時からの」「日曜日の」と時間帯で分けてご案内しています。
コラムで少し触れたお店まで含めると、約80軒を収録。

講演会のお知らせ

千歳市の「市民教養セミナー」にお招きいただき、2月16日に講話をすることに相成りました。
料理人や生産者、料理や食材など、北海道の食の話をいろいろとさせていただきます。
受講料は無料(事前申し込み必要)。
よろしければお出かけください。

▼素敵なチラシをつくっていただきました(PDF)
http://www.city.chitose.hokkaido.jp/index.cfm/83,41838,c,html/41838/20130129-084907.pdf

▼詳しくはコチラからどうぞ。
市民教養セミナー

きたキッチンのおせち

いよいよ情報解禁になったので、お知らせです!

雑誌の世界では、すでに1月号の取材が始まり、秋を飛び越え冬モード。
そして、「おせち」業界では予約がスタートする10月。

初めての試みとして、丸井今井「きたキッチン」のおせちのアドバイザーをさせていただきました。



テーマは「おせちの中で旅する北海道」。
道内各地の食材を使い、まるで北海道を旅するような感覚で楽しめるおせちを考えました。

元々きたキッチンのおせちは、食材のほとんが北海道産。
その純度と誠実な仕事、コスパの高さはそのままに、食材や北海道らしいひと工夫、盛り付けのアイデアをご提案。

例えば、紅白のかまぼこではなく、タラバガニの紅白かまぼこに。きんとんはユリ根を使用。黒豆ではなく、さまざまな道産豆の煮豆に(丸井今井の屋上でとれた蜂蜜を使用)。尾頭付きのエビではなく、北海シマエビの軽いスモークに。

サメガレイやキンキ、合鴨、ポロネギ、鮭節、道産カタクチイワシでつくったバーニャカウダ・ソース、山わさびの醤油漬けなど、多彩な食材を使用。
日本酒にもワインにも合う内容にしました。

使う食材の種類も量も多く、それぞれの家庭のタイミングで食べるおせちは、できたての料理と違い、悩む部分もありましたが、喜んでいただける内容になったと思います。

予約スタートは10月9日から。
北のごちそうおせち三段重3万1500円、二段重2万1000円、ミニおせち6300円。

どうぞよろしくお願いいたします。

http://www.marui-imai.jp/sapporo/s_top/index.html/

eclat8月号

集英社「eclat(エクラ)」8月号でお仕事をさせていただきました。
book in book「夏の北海道うまいもの巡り」で、札幌でご活躍のみなさんのクチコミを元に、お店やアイテムをご紹介。
よろしければ、ご覧くださいませ~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。