スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の推薦図書

何年も前からいわれている「蝦夷梅雨」。梅雨のないハズの北海道で、気象変化の影響か、梅雨のような状態が続くことから、そう呼ばれている。

今年ほど、この蝦夷梅雨をリアルに実感した年はないなぁ。ここずーっと曇天と雨続きなんだもの。農作物の状態も心配だなぁ。病害虫の被害も出てくるだろうし。

晴れないことよりも、この湿気がイヤ。道外のみなさんからは、「これくらいじゃまだまだ甘い」といわれそうだけど、カラッとした気候が自慢の北の大地が、もふっとしている。せっかくの夏なのになぁ…。

ま、そんな雨の日は、ビール片手に家で読書をするのもいい。例の網走出張の往復、約12時間の中で読み倒した本の中から、北海道関連のおすすめをご紹介。

続きはこの後で。

スポンサーサイト

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。