スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬と食べ合わせ

かぜ薬とお酒の相乗効果!?

昨日、コメンテーターで出演した情報番組で、
中川前大臣の記者会見を受け、
「間違いだらけ!薬の飲み方にご注意」という特集があったのですが、
その内容にびっくり。



●解熱鎮痛剤(アセトアミノフェン)×甘いもの、キャベツ
●高血圧治療薬×グレープフルーツジュース
●鼻炎薬×チーズ、ワイン
●咳止め、乗りもの酔い(テオフィリンを含む)×お茶
●抗ヒスタミン系かぜ薬×ドリンク剤(アルコールを含む)

同時に食べ(飲み)合わせるものではないけれど、
胃の中で、薬と食品が一緒になると、
効き目が低下したり、効き過ぎて体調が悪くなる場合もあるのだそう。

ドリンク剤とかぜ薬なんて、よくやっちゃいますよね。

●便秘薬×牛乳、スポーツドリンク、100%オレンジジュース

牛乳と便秘薬なんて、ダブル効果がありそうだけれど、
これは、腸で効いてほしい便秘薬が、胃の中で溶けてしまうから、NG。

意外な薬との飲み合わせ。
前大臣のお陰?!で、いい勉強になりました(笑)。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。