スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きたキッチンフェスティバルにて

数日、ブログをさぼっている間にもう10月。
今年も残りが3ヵ月。焦るなぁ~。

札幌・大通公園の「さっぽろオータムフェスト」が後半戦を迎える中、
(あ、3日の日中、オータムフェストのタパスカウンターでお手伝いしています。
 お時間のある方、ワンコインで飲みに来てくださいね。お待ちしています!)
我らが丸井さんでは「きたキッチンフェスティバル」が、30日から開催中。

ちょっと顔を出してきた。

まず気になったのが、このコロッケ。

きたフェア1

続きはこの後へ。


髭寅コロッケです。
強そうな名前だけど、こんなおちゃめな天野さんが立ち上げた
食の新ブランドなのだそう。

きたフェア2

天野さんといえば、新ひだか町静内の「お料理あま屋」のご店主。
いろいろと面白いことを実践するアイデアマンでもある。

で、今回のネーミングの理由は、「インパクト!」。
特に虎ファンではないのだそう。
確かにね、インパクトはありますわなぁ。

きたフェア3


「北海道海鮮サラダコロッケ」は、しっとり食感に仕上げた道産ジャガイモのマッシュで、
玉ネギと海鮮を包んだ、おにぎり風のまんまるコロッケ。
具はホタテ、鮭、カニ、エビ、そしてホエー豚のベーコン&コーンの髭寅5兄弟。
マヨネーズを隠し味に使っているのだそう。
どれが何だかわかるように、パックにシールを貼る心遣いも。

さて、次いってみよう!

おなじみ、「市川燻製屋本舗」チームも出店。
本店でなかなか買えなかった鯖スモークを初めてゲット!
新作かな、煮大豆のスモークを試食したら、ビールのお供にぴったり。
晩酌が楽しみ♪

きたフェア4

道産マグロの解体ショーに長蛇の列ができていた横に、
大好きな「北海風おがわ」を発見。
今回は小川さん夫妻の姿は見えず、でもベテランの売り子さんがお相手してくれた。

新商品のふぐのお茶漬け。
唐揚げに続き、真フグのシリーズ第2弾。

きたフェア5

枝幸町では、旨味の濃い真フグが獲れるんですよ。
トラフグと比べると、お値段は手頃な庶民の味方。
この真フグのダシをベースにしたスープと、
炙ってたたきにしたフグの身がセットになっている。

お茶漬けはもちろん、お雑炊もおいしそうだなぁ。
ラーメンやうどんにしても、きっとおいしいハズ。
1個じゃ足りなかったかな…。

そのほかにも、いろいろと気になるものがあった
「きたキッチンフェスティバル」は、10月5日まで開催です。
詳しくは、こちらへ↓
http://www.marui-imai.co.jp/sapporo/s_a9_saiji/20090930_1.html
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。