スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フンザティー

秋ときどき冬。
いや、もう初冬なのかな。

寒い日が続いている。
電気ストーブに続き、湯たんぽも出動(笑)。

久々のブログupは、函館から届いたお茶の話を。

フンザ1

「ナチュラルフンザティー」って、ご存知ですか?

話の続きはこの後で。

NATURAL HUNZA TEA
ナチュラルフンザティー

パキスタンのフンザ地方で愛飲されているハーブティーで、
標高4000mの山々に自生する野生のタイムを乾燥させたタイム茶のこと。

4000mって、富士山よりも高い!?
そこにタイムが自生するとは、びっくり。

往復で3日もかけて山に登り、若葉と花を1本1本摘んで来た、
それはそれは貴重なハーブティーなワケです。

フンザ2

タイムは、料理に使う身近なハーブだけど、お茶でいただくのは初めて。
清涼感のある香りとほんの~り感じる甘味、
そしてドクダミっぽいニュアンスも(…と感じるのは私だけかも)。
クセはあるけど好きだなぁ、この味と香り。

「古くから疲労が蓄積したとき」に、かの地では飲んでいるそうなので、
この数日、私もがんがん飲んでいる。

ほんとはじっくり煮出したほうが、おいしいのだけれど、
事務所でゴクゴク飲むには、ちょいと面倒なので、
ティーポットで長めにむらしている。

それでも、風味はしっかりと。
さすが、過酷な環境で育った天然タイムなだけはある。

で、このフンザティーの販売元が、
函館にある「エヌ・ハーベスト」という会社。
オーガニック栽培のスパイス、ハーブ、お茶を扱っている。

フンザティーのほかにも、フレーバー系の紅茶、
マサラチャイのセットなど、興味深いラインナップ。
お茶好き、香草・香辛料好きな方は、一度HPを覗いてみて。

シンプル&ナチュラルなパッケージも素敵なので、
これからの時季の贈りものにも良さそう。

N HARVEST
http://www.nharvest.net/

※フンザティーのお買いものは、オンラインショップの「自然食品」>「フンザの食品」で探せます。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。