スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le Clos(ル・クロ)

師走=忘年会シーズン。
第一弾は「Le Clos」で。

同業の仲良しと、あえてファンクラブに入らずに、日ハムを応援している。
その納会を兼ねた、忘年会を開催。

毎年、最後に戦ったチームにちなんだ食材、お店を探し、
そこを会場にしている。

例えば、中日ドラゴンズは本拠地・名古屋にひっかけ、名古屋コーチンを食らい、
埼玉西武ライオンズは、ライオンつながりで銀座ライオンが会場(笑)。

そして、今年。
読売ジャアンツにちなみ、コレを食べに「Le Clos」へ。

clos4.jpg


「ウサギのリエットとフルーツトマトのタルト」。
巨人のマスコットはジャビット、ジャビットといえばウサギ!
ぬはは、今回はちょっとブラックなひねり。

私たちの意図は別として、ワインが進むとてもおいしいひと皿でした。
こちらは定番メニューなので、日ハムファンの方はぜひ!!

※クロは1軒の中で、1階はワインバー&レストラン、2階はフレンチ焼肉として営業。
ウサギのタルトは本来は1階のメニュー。
今回は2階でお鍋コースを頼んだため、ご好意で2階でタルトをいただきました。



さて、この時季のクロといえば、スパイシー鍋。
食べてみたかったオリジナル鍋に、2年越しで会えるっ!

まずはアミューズから。
この日はレモンクリームと細かくしたタルト生地を重ね、
デザートのようなさっぱりした一品。

clos1.jpg

続けて、お魚が2点。これがおいしかった!
締めサバ♪

clos2.jpg

マグロのマリネ。オリーブ、カラスミがアクセントに。

clos3.jpg

さて、真打登場。

clos5.jpg

トリッパ、ポルチーニ茸が入った、スパイスの効いたスープで、
たっぷりの野菜を煮て、牛肉、豚肉、ホルモンを加えていただく。

薬味が5~6種類もあって、韓国唐辛子、カレー風味のオイルなど、
お好みで加えると、また印象が変わってくる。

clos6.jpg

おっと、1回戦では入れ忘れていたニラ、ジャガイモのニョッキを投入。
最初はさらりとしていたスープも、いろんな具材の旨味、
そして肉類の脂が溶け出し、とろ~りこってりした感じに。

この間、サラダを食べながら、口の中をさっぱりと。
そして、鍋の華・雑炊へ。
この辺、お腹がきつくて写真を撮り忘れる…。

最後の最後、デザートは別腹。
チョコレートのケーキ、そしてミルキーを溶かしてつくったアイスが。
アイス単体だとやはり”ママ”の味、ケーキと一緒に食べるとまたおいちぃ。

clos7.jpg

クロでは2階限定で、太っ腹な飲み放題プランあり!

私も今回利用したけれど、2時間1500円でこの内容とは満足度がかな~り高い。
生ビール(アサヒスーパードライ)、白・赤ワイン、焼酎(富乃宝山)、日本酒(十四代)、梅酒(青谷の7年熟成)、カクテル(カシス、カンパリ、ジン)、ソフトドリンク(オレンジジュース、コーン茶)。

そして、新メニュー・9種類の焼肉の盛り合わせが、2100円。
食べ比べができるお得な設定。
注文後に手切りし、クロならではの多彩な味付けで楽しめるのだそう。
次回はコレだな。

Le Clos(ル・クロ)
http://le-clos.gallus.jp/
※スパイシー鍋のコースは要予約。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。