スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国火鍋専門店「小肥羊」がオープン

今週は、冷え込みがかなり厳しかった北海道。
こういう季節にぴったりな「火鍋」の専門店が、14日にオープン。
レセプションにお邪魔してきた。

日本では、中国風しゃぶしゃぶと紹介されることが多い火鍋。
「小肥羊」(しぇおふぇいやん)は、中国最大の火鍋専門店で、
中国には400店舗を展開し、某ハンバーガーショップMや
某フライドチキンショップKをしのぐ、中国NO.1外食チェーンなのだそう。

その札幌店なワケです。
住所は、ススキノの真新しいビル「YUKIAKARIビル」。
それってどこ?って感じだったけれど、元祖ラーメン横丁の真向かい。

この子羊が目印。
小肥羊1



お鍋の詳細はこの後に。


何年か前に火鍋ブームがあったので、ご存じの方も多いと思うけれど、
白濁の白湯スープと、辛い味つけの麻辣スープで、
主にラム肉と野菜の具材を、しゃぶしゃぶ風にいただくお鍋。

小肥羊2

あえて、本場の味を再現した小肥羊の火鍋。
スープにゴロゴロと浮かぶ香辛料の種類がスゴイ!
70種類も使っているのだそう。

香辛料の調合は専門の調味師が担当し、その内容は門外不出のトップシークレット。
調合する部屋には鍵がかけられ、社長ですら知らないんですって。

小肥羊5

ここでも、具のメインはラム肉。
香りのしっかりある、懐かしいラム…という印象。

小肥羊3

野菜で面白いなぁと思ったのは、ナガイモ。
お鍋に入れると、シャリ感が和らぎ、ほっこり感が出て、
ジャガイモよりお腹にたまらず、楽しめる。家でも真似てみよ。

小肥羊4

ひと口食べると、そこは中国!という感じのお味。
薬膳料理ですね、コレは。
麻辣スープは結構な辛さで、辛いもの好きな私には嬉しい辛さでした。
締めには、麺がおすすめ。

体が温まるし、消化もすごくいい。
血行も良くなるし、美肌効果があるとのことで、
先日ご結婚された某女優さんも、東京のお店に通っているようです。

薬膳は、好き嫌いが分かれる味かもしれませんが、忘年会にいいかも。
ちなみに、お昼から朝5時(LO4時)まで営業中!

中国火鍋専門店 小肥羊
http://www.hinabe.net/
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。