スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コントラスト

先日、同業の友人と久々の会食。最近、取材したお店の雑感、新店情報などを交換した。その中で出てきた話が、30代シェフの頼もしい活躍ぶり。彼らのチャレンジに感心したり、元気をもらったりしている。

奇しくも会食の場所は、「コントラスト」。こちらのオーナー・石井誠さんも30代。石井さんを初めて取材したのは、4~5年前。当時、石井さんはまだ31歳とか32歳だったはず。自分の言葉を持った料理人であり、オーナーでもあり、面白い取材だったことを覚えている。

石井さんが「ル・ミュゼ」の次に展開したのが、レストランでもあり、ワインバーでもあるコントラスト。新しいシェフが就任したので、そのシェフと料理のお披露目のため、ご招待いただいた。

新しいシェフは、佐藤隆弘さん。「SABOT」の小池シェフの元、9年間研鑽を積んだ人物なので、「あの人か!」とピンと来る方も多いかも。これまで見慣れた白いコックコートから、コントラストらしい黒いコックコートをまとい、精悍な印象に。タカヒロシェフも30代。

この日のディナーは特別版ということだったので、あえて画像は載せないけれど、とても素敵なご挨拶代わりのコースだったように思う。バリエーション豊かに、いろいろと楽しませてもらった。お皿の上に、やさしさが見え隠れして、そこにも好感が持てた。

コントラスト_ラビオリ

画像は、「澄んだブイヨンとエビのラビオリ・オリーブのアクセントを添えて」。オリーブとエビといえば、SABOTの名物料理「エビ詰めのオリーブのフライ」がすぐに頭に浮かぶ。「最強の組み合わせですから」とタカヒロシェフ。SABOTや池さんに対するオマージュ的なひと皿、かな。

これまでフレンチベースでノンジャンルだったコントラストの料理に、イタリアンテイストが加わり、どんな料理が生まれてくるのか楽しみ。それに伴って、ワインの品揃えにも変化がありそう、とのこと。しばし温かく見守ろう。あ、余裕があるときは、リクエストに応じたパスタ料理などもアレンジしてくれるらしい。

今年も30代の料理人の活躍が聞こえてくる一年になりそう。
ひるがえって、明日から始まる冬季オリンピック。独立など30代で一本立ちする人が多い料理人の世界とはまた違い、アスリートの世界で30代は相当なベテランさん。彼らのがんばりにも、大きく期待!

ワインラウンジ&レストラン コントラスト
http://www.contraste-co.com/
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。