スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新店探訪:お肉屋 源

先日、3月2日にオープンした「お肉屋 源」のレセプションにお招きいただいた。銘柄や産地にこだわらず、牛を一頭買い。各部位を30gずつオーダーできる、新しいタイプの鉄板焼きダイニングである。店名に”お肉屋”と謳うのも、選った牛肉の部位ごとの味わいを、楽しんでもらいたい狙いなのだろう。シェフはじめ、調理人さんの胸に光るバッジは、「日本鉄板焼協会認定1級」! ほー、そういう資格もあるのですね。

源

とかく、高級という印象のある鉄板焼きレストラン。源も空間を贅沢に使ったこんな雰囲気なので、チラ見は高価そうに映るが、一番お手頃な部位なら30g500円~なので、お腹&お財布の具合に合わせられるのも魅力。1200円のセット(野菜類・ご飯・赤だしお味噌汁・デザートなど)をプラスすれば、コースっぽくも楽しめる。30gずつでも、3種類くらいいただくと、かなーり満腹。

源では、鉄鉄板、グリル(波型プレート)、溶岩石、炭火の4種類の熱源を利用。つけダレも数種類を用意。それぞれ部位に合わせた提案をしているが、客のリクエストでいかような組み合わせにも対応とのこと。

こんな言い方をすると何ですが、焼肉でいえば、部位ごとの提案は「焼肉チャンピオン」っぽくもあり、タレなど味付けの提案は「le Clos」っぽくもあるなぁと、個人的には思ったりもした。鉄板焼きも焼肉も、スタンダードなお店も好きだけど、こういう新風が吹いて、札幌のお肉業界の層が厚くなると、ますます楽しくなるな、とも期待。

当日のお料理の内容は、札幌100マイルのオサナイ編集長のブログに画像入りで詳しく紹介されているので、参考にしてください。あ、決して手を抜いたワケでは…。

源は7階と8階の2フロアに分かれるが、8階はワイン&スパークリングバーとしても利用できる。セラーには、すばらしい泡たちがずらり整列。お値段を伺うと、お料理同様に良心的な値付けでした。

今回は四十路女子ふたりで出かけたけれど、この雰囲気はデート向き。ま、女ふたりだと、気兼ねなくガーリックライスを頬張れるからいいんだけれどね。

ワインバー&スパークリングバー お肉屋 源
札幌市中央区南5西2 TONFU0502ビル 7~8F
(受付フロアは8F)
011-513-4129
http://www.onikuya-gen.jp/
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。