スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝からお寿司

わずか1週間前までは、ひと桁台だった最高気温が、昨日は24.9度。夏日まで、あと0.1度。ものすごい気温差。みなさん、体調を崩していませんか?

私は日曜日のお花見のハシゴで、じんわりと日焼けをしてしまい、まだ5月中旬というのに、ファンデーションの色が合わなくなる始末…(笑)。油断大敵。

魚政先週は、調べものがあって札幌市中央卸売市場に何度か通った。早起きのご褒美にと、仕事の後に立ち寄るのが、「鮨の魚政」。

場外市場の近くにある、丸果センターという建物の中にある、カウンターだけの小さなお店。

市場のお寿司って、新鮮だけど大ぶりの握りがドスンと出てくる印象があるけれど、こちらは新鮮なものと、ちゃんと手をかけたネタも両方揃い、煮切り醤油を塗って出してくれる。

ここ食べるクジラがおいしくて、行くたびに頼むのだけれど、この日は鹿の子(アゴのあたりの霜降り肉)が入荷。これをさっと炙って、黒コショウを振った握りが絶品!自家製のクジラベーコンも、もしあればぜひ。

新物のマスコ(サクラマスの卵)も、春の味。小肌がなくて残念だったけれど、サヨリも赤身も満足満足。サービスの海苔のお味噌汁がまた、いい風味でお気に入り。

1カン80円~。中心価格帯は、200円台かな。ぷち贅沢な朝ごはん♪


鮨の魚政
札幌市中央区北12西20 札幌中央卸売市場丸果センター内1F
011-644-9914
※1人だと予約なしでも入れる可能性がありますが、予約が確実です。ネタがなくなり次第、閉店。午前中のうち、それも早目がお勧めです。 



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。