スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口蹄疫のこと

いつものおいしい話とは異なる話題ですが、とても大切な話ですので、ご一読いただけると嬉しいです。

宮崎県で拡大中の口蹄疫の問題が、ようやくメディアで大きく取り上げられるようになってきました。Twitter上では発生からすぐに、危機を報じるつぶやきが流れ、被害を受けられた畜産農家や関係者の皆さん、東国原知事の苦しい胸の内に触れるにつけ、読んでるこちらも、目頭が熱くなる毎日です。

私は3月に宮崎に行ったばかり。人ごととは思えません。

ここに来て、北海道でも「北海道口蹄疫侵入対策本部」が設けられ、また、しばらく営業を見合わせるファームレストランが出てきたり、一部、修学旅行でのファームステイ受け入れ延期を決める報道など、慎重を期した判断がなされています。

宮崎と北海道。地図上ではとても離れているけれど、この口蹄疫の感染力はものすごく強いそうです。対岸の火事とはいえません(というか、思えません)。事実、北海道でも2000年に口蹄疫が発生。その数ヵ月前には宮崎でも発生しました。

ここで、私が中途半端な知識で口蹄疫について書くよりも、口蹄疫に詳しいリンク先を以下に案内させていただきます。これまでは関係者向けの専門的な解説が多かったようですが、一般向けのわかりやすい解説も増えてきました。

我々人間には感染しなくても、私たちはキャリア(口蹄疫の運び屋)になる可能性もあるワケです。これから本格化する観光シーズンは、人の移動も増え、感染拡大の危険性も指摘されています。

私たちの生活を、命を支えてくれている農家さんの一大事です。

もし何かできるとするなら、正しい口蹄疫の知識を得ること、風評には惑わされないこと、そして義援金でしょうか。いつもながら、ソフトバンクの孫さんはすばやく対応し、ソフトバンク携帯電話から義援金を募金できる支援プロジェクト特設ページを開設しました。私の使ってる携帯電話は…。

今は責任問題よりもまず、感染拡大防止と一日も早い終息宣言を祈るばかり。
口蹄疫被害を受けられた畜産農家や関係者の方々のご心労、お察しします。心よりお見舞い申し上げます。

この週末、ぜひ読んでいただきたいリンク先

口蹄疫について知りたい方へ(農林水産省WEBより)
宮崎県への義援金について(宮崎県WEBより)
●東国原知事の一番弟子のお笑い芸人・早川伸吾さんのブログ。5月11日と19日のブログは、ぜひ読んでいただきたい。
●農産物流通コンサル・やまけんさんのブログは、口蹄疫被害への理解を深める話が書かれています。

追加リンク
宮崎県農業法人経営者協会のWEBには、口蹄疫発症の養豚農家の奥さまAさんの生の声が手記としてアップされています。ほんとツライ。
ミヤザキ・ユーストリーマーズでは、口蹄疫発症の生産者へのインタビュー。現場の混乱、困惑、今何が必要か、伝わってきます。
獣医さんがまとめた口蹄疫の解説(獣医学教育をささえあう会)
口蹄疫対策に関する霞ヶ関の「中の人」のつぶやきまとめ1 は、霞ヶ関で畜産関係に従事する方がtweetされた内容をまとめたサイト。情報量が膨大で専門的な内容が含まれますが、それだけに事態の深刻さが伝わってきます。
口蹄疫対策に関する霞ヶ関の「中の人」のつぶやきまとめ2 は、まとめ1の続編です。

最後まで読んでいただいたみなさん、ありがとうございました。

※この記事にご賛同いただいた方から、リンク希望のご連絡をいただいていますが、この記事に関しては、小西への連絡&許可は必要ありません。
どんどん、ぜひぜひ、この現実を広くお知らせいただけると幸いです。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。