スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶月斎 : くまねこ麺

くまねこ麺1季節の味を中国料理で楽しめる「茶月斎」が、何やら昼営業を始めたらしい。それも、メニューは「くまねこ麺」のみ!

お店の入口にも、夜にはないお手製の看板が掛かっている。

それにしても、くまねこ麺って何だろう。くまねこ=熊猫=パンダ(中国語でパンダの意味)。白黒の麺料理ってこと?

話の続きはこのすぐ後で。



店主の小蕎さんに伺うと、くまねこ麺の名前の意味は「特にないんですよね。何となく」というゆるい回答。あえて、何だかわからないところが狙いなのか、あるいは言葉通りなのか…。

それで、コチラがくまねこ麺+原木椎茸しゅうまいのセット。麺の単品もあり。

くまねこ麺2

道産小麦ホクシンを使った卵麺は、中華麺よりパスタに近いニュアンス。酸菜(高菜に似た中国の漬物)、ナッツ、柑橘類の皮などの具、ゴマだれを麺としっかり絡めていただく坦々麺系。よく混ぜ合わせるのが、おいしく味わうポイントなのだそう。酸菜や柑橘類の異なる酸味が爽やかなアクセントに。後半はお好みでラー油をかけてどうぞ。

画像では全然伝わらないけれど、千歳市の原木椎茸を使ったシュウマイが、かなり大ぶり。麺とシュウマイ両方いただくと、結構なボリュームで満腹ぅ~。

くまねこ麺3

ちなみに、この原木椎茸シュウマイは、茶月斎で絶賛好評発売中。冷凍品なので家で蒸したり、チンしてOK。JR札幌駅の「北海道どさんこプラザ」でも発売中(ん?これから発売だったかも)。

追伸:
拙著でもご紹介している「茶月斎」ですが、7品4800円のコースは変更ありませんが、コース内容は黒板から選べるプリフィックスではなく、本日のおすすめ7品のFIXとなったようです。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。