スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釧路湿原・阿寒・摩周の旅スナップ

今週は取材を兼ね、釧路湿原・阿寒・摩周のモニターツアー視察に参加。2泊3日、むぎゅっと詰まった濃厚スケジュールだったけれど、このエリアの自然とひととの出会いに癒され、戻ってきた。

ツイッターでは、行った先々を小出しにつぶやいていたけれど、ここでも少し、癒しの旅の思い出をおすそ分け。詳しい報告はいずれまた、余裕のできたときに。

旅スナ1

阿寒湖温泉の少し手前、滝見橋からの眺め。
川のせせらぎと、少し紅葉&黄葉を始めた木々が爽やか。
車だと知らずに通り過ぎてしまう、歩くテンポだから出会えた風景。

この後、いろいろと画像が続きます。
旅スナ2

阿寒湖温泉街からすぐの場所に、こんな巨木が待つ森がある。
森といっても、散策路が巡らされ、散歩気分で楽しめる。
それにしても、緑が匂い立つような、マイナスイオンたっぷりな眺めでしょ!

旅スナ3

早起きは三文以上の得。
朝もやに包まれ、真っ白だった風景は、太陽とともに、その姿を少しずつ見せてくれた。
正面には雌阿寒岳の山頂が。

旅スナ4

「光の森」と名づけられた森の中で見つけた葉っぱ。
こうやって紅葉は始まっていくんだねぇ。

旅スナ5

同じ森の中で見つけた、松の双子?三つ子?の赤ちゃん。
こんな小さくても、葉はツンツンしている。
何気なく歩いている足元には、実はたくさんの生命が息づいている。

旅スナ6

憧れの釧路川源流部のカヌーツーリング。
パドルが川面を切る水音、風の音、そして野鳥や動物の気配。
そこにあるのは、自然の音だけ。

旅スナ7

川の流れが岸を削り、倒木が多いのも釧路川の特徴。
木を避けつつ、枝の下をくぐったり、ちょっとした冒険気分。
大人になると、こんな時間もなぜだか楽しい。

あ、ここ行ってみたいと思った方は、こちらをチェック&お問い合わせを。
●釧路市観光情報
●釧路観光協会
●阿寒観光協会
●弟子屈町観光情報ポータルサイト
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。