スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新店訪問 : Clos de Lupin

太陽グループといえば、北海道では知らぬ人はいない企業。「パーラー太陽」でおなじみのパチンコ業界の雄。それだけではなく、映画館や保育所、ワイン用ブドウの農場にレストランなど、手広く展開していらっしゃる。

そんな太陽グループで、地下金庫室を利用したバーをつくるらしいと耳にしたのは、いつのことだったかな。

新規開拓気分な夜だったので、その「Clos de Lupin」(クロ・ド・ルパン)を探しながら、4プラの裏通りを探索。看板は発見するも、入り口がようわからん。

ルパン1


どうやら、旅行会社の入り口を入って地下に進むらしい。

話の続きは、この後で。 階段を降りると、そこには小ぢんまりしたカフェ&バー「Clos de Lupin」が。

ルパン2

入り口の左側にはカーヴがあり、こちらはブルゴーニュ&ボルドー直輸入ワインショップ「Cave de Soleil」となっていて、来月にはオンラインショップもオープンするんだとか。

カーヴ内のボトルはプラス1000円すると、店内でも飲めるんだって。そうそうたる銘柄を拝み、ようやく着席。

店内のオブジェはアール・ヌーヴォー的ものが多く、「ガレっぽいですね」と話しかけると、「本物なんです」とシニアソムリエの佐野さん。それは失礼しましたっ。

ドーム兄弟、シェレ、ものすごく大きいブルートパーズなどなど、すべて本物!

というのも、こちらのコンセプトが、「アルセーヌ・ルパンが集めた長年のコレクションを愛でながら飲む」。なーる。店名のLupinは、ルパン三世のおじいちゃんのルパンなのね。

ルパンでは、歌志内太陽ファームの傑作「ペンケ・ウタシュナイ2005ピノ・ノワール」を、グラス800円で提供している。ノーチャージ。

未体験の方はぜひぜひ!全量、歌志内のピノだけで醸造したすばらしい味わい。道産ピノの中では一番好き。

ルパン3

最後の一杯なので、澱まじりだけど、本来はとてもキレイな色。ルパンでも2005ピノは、在庫20本あるかないか…とのこと。善は急げ!

元々銀行だったとのことで、金庫のダイヤルはまぁ立派。しかも、現役。よくぞまぁ、このスペースが残っていたものだなぁ。いろんな意味で見どころ満載のバー。目の保養にいかが。

ルパン4

Clos de Lupin(クロ・ド・ルパン)
札幌市中央区南1西4わくわくホリデービルB1F
011-222-0767
ワインショップCave de Soleilのブログ
http://ameblo.jp/cavedesoleil/

※昼も営業しているのだそう。ハヤシライスがお勧めですって。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。