スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚 KYO

久々の新店訪問。楽しみだなぁ♪

先月12日にオープンしたばかりという、
日本料理「驚(きょう)」。

kyou8.jpg


札幌の中心部ではないけれど、
地下鉄東豊線・月寒中央駅から徒歩2-3分という便利な立地。

わざわざ感を満たしてくれる、気持ちのいい空間。
特に庭が素敵。


最初に謝っておきます。
庭の画像はありません。取り忘れました…。

kyou7.jpg


このテーブル席の右側がカウンター席になっていて、
大きな窓からはライトアップされた広々とした庭が見える。
マンションの1階にあるとは思えない開放感。

桜の木も2-3本あるそうで、
カウンター席でお花見と洒落込むのも良さそう。

こちらは、昼は手打ちそば、夜は日本料理という構成。
料理長の巻さんが、季節の美味を酒肴に、一品料理に、そばにと、腕をふるう。
(巻さん、キングコングの西野さんに似てるような…。声もツボ)

時季ですね。
雄武産の海明けの毛ガニとうるいの土佐酢ジュレかけ。
器も素敵。
kyou3.jpg


スッポンの茶わん蒸し。
このところ、お肌にいいものをいただけて幸せ。

kyou4.jpg

スッポンの旨味と、コラーゲンぷりぷりのエンペラを楽しめる銀あんが贅沢。
食べ進むと、茶わん蒸しの底には、ローストしたタマネギのコクが
どーんと現れる、何とも印象深い一品。


厚岸の新ワカメ、アワビ、タケノコ、野菜の蒸しもの。
やわらかくて香りがいい、新ワカメは大好きな食材。
kyou2.jpg


酒盗を塗って焼いたハタハタに、
クリームチーズをつけて食べる酒肴もまた美味!


〆は手打ちの更科そばで。
kyou1.jpg

一品料理のほか、コースは確か、3500円から。
しっかり食べたい人にも、酒肴中心の人にも、利用しやすいのでは。

それと、お鍋の種類がかなり揃っています。
カモと胡麻豆腐のお鍋なんて、めちゃめちゃ気になるメニュー。
温かいシーズンに入っても、その時期に合うお鍋を展開する予定、とのこと。

緑がどんどんきれいになるこれからの季節は、
お昼にお邪魔するのも楽しみ。
おそばメニューもいろいろあり。

驚 KYO
札幌市豊平区月寒西1条8丁目 ガーデンヒルズ月寒中央1F
011-826-3636
11:30~LO14:00、17:30~LO21:00
水曜定休



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。