スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vivre Ensemble(ヴィヴルアンサンブル)

アップするタイミングを逸していた、「Vivre Ensemble(ヴィヴルアンサンブル)」の話。

先月の宅呑みパーティで友達が用意してくれたのが、ヴィヴルアンサンブルのパテ・ド・カンパーニュやらリエットやら、こんなにたくさん。これが美味でね。特に「エゾシカのテリーヌ」「鴨モモ肉のコンフィ」はリピートしたいおいしさ! Sさんご夫妻、ありがとね~♪

アンサンブレ

話の続きは、この後へ。


ヴィヴルアンサンブルは、今年の2月、丸井今井の地下1階にオープンしたデリカテッセン。ここをプロデュースしたのが、2ヵ月先まで予約が取れないと聞く、東京・世田谷にあるフレンチレストラン「OGINO」の荻野伸也シェフ!!

OGINOにはお邪魔したことはないけれど、私もお世話になっている雑誌「dancyu」の取り寄せサイト「dancyu.com」でも、荻野シェフのパテやテリーヌは人気商品。お名前は知っていたけれど、なぜまた札幌にデリを?と思っていたら、以前から北海道の食材を使い、懇意にしている生産者の方も多いんですって。なーるほど。

ヴィヴルアンサンブルでは、テリーヌのエゾシカは無論、パテもリエットも道産豚を使用。それは応援したくなるデリだよね。

あとね、カレーもおいしかったなぁ。ヴィヴルアンサンブルにはイートインスペースあり。ただ、イートインできる場所が通路沿いなので、座るにはちょっと勇気がいるかな。私はテイクアウトで楽しみましたが(笑)。

コンフィはフライパンで温めるだけで、それはもう立派なひと皿になるので、持ちネタとして覚えておきたい一品。テリーヌやリエットは、これからのお花見&外飲みシーズンにも活躍してくれそう。宅呑みアイテムとしてぜひチェックを♪

●Vivre Ensemble(ヴィヴルアンサンブル)
丸井今井 札幌本店B1F
http://vivre-ensemble.co.jp/

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。