スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平岸追分パイ

毎月第2水曜の夕方は、
「FMアップル」の局長でもある、人気パーソナリティ福津京子さんと、
すごーくゆるゆるなトークをさせてもらっている。
(打ち合わせは直前のみ!?)

ちょうど昨日、4月7日はFMアップルの開局12周年。
それを記念し発売されたのが、この「平岸追分パイ」。

とっても素朴なアップルパイ。
今日のおやつにいただいたのだけど、やさしい味わい。
凝ったお菓子も好きですが、こういうお菓子もホッとできていい。

apple.jpg


製造は、月寒あんぱんでおなじみの「月寒あんぱん本舗ほんま」、
パッケージデザインは、「札幌平岸高校」の女子高生が担当。

平岸にあるFM局、老舗菓子店、高校がコラボしたスイーツ。

なぜアップルパイかというと、
FMアップルということもあるけれど、
平岸を含む豊平区はかつて、結構な広さを持つリンゴ畑だったから。

豊平のリンゴは残念だけど、
東区のタマネギ、南区のフルーツ、手稲区のカボチャなどは今でも現役。
札幌は、農業のまちという顔も持つ。

そして、なぜ平岸追分パイかというと、
開局10周年の時にリリースしたCDのタイトルが「平岸追分」だったから。
ちなみに、福津さんが歌っています。

税込でワンコイン500円。
月寒あんぱん本舗ほんまで、発売中。
売れ行き好調だそうです。

ふと外を見ると、街の明かりが灯り始めたころ。
たなびく夕映えの雲がきれいで、カメラを向けてみる。
束の間の心のご馳走。

kirei.jpg


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。