スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新店探訪:PIZZERIA DA MASSIMO

※長らくお休みしていましたが、6/30に再オープンしたと、店主から連絡ありました。ホッ。
ゆえに、6月9日のブログですが、再度トップにアップします。


ここ最近で一番多く「行ってみてよ」と勧められるのが、コチラ「PIZZERIA DA MASSIMO(ピッツェリア・ダ・マッシモ)」。

人気店を束ねるT代表、大好きなパティスリーのIシェフなど、飲食業界の皆さんの支持が厚いピッツェリアと聞けば、行かなきゃ…なのだが、アクセスがあまり良くないのですよ、ここ。白石区川下。

先日(といっても、5月の話だけど)ようやく、ようやく行くことができた。

マッシモ00


話の続きはこの後へ。


メニューは潔く、マリナーラとマルゲリータのみ。ビールはあるけれど、ワインはなし。ドライバーさん用にアルコールフリーのドリンクも用意。

じっくり2日かけて発酵させた生地を伸ばし、薪窯へ。あっという間に1枚目のマリナーラのできあがり。

マッシモ01

生地を楽しんでほしいから、とあえてシンプルな2種に絞ったのだそう。見た目の通り、耳はパリっとクリスピー、そしてソースがのった部分はモチっと。塩味をきかせた生地のおいしさがいいね。

マッシモ02

時間差で焼いてくれた2枚目のマルゲリータ。2種類のチーズとバジルが見栄えしますなぁ。

「お客さんと話しながらピッツァを焼きたいんですよね」とか、「ピッツァしかやらないから、火元は窯だけ。ガスコンロはないんですよ」とか。
ひとりで奮闘する若きご主人のあっけらかんとした性格といい、シンプルすぎるメニューといい、ココに飲食関係者がつい応援したくなるツボがあるような気がした。

客も潔く2枚のピッツァを楽しみ、帰る。テイクアウトもあるけれど、まずはお店で味わってほしいな。できれば、カウンター席で。もれなくご店主の面白い話付き。

●PIZZERIA DA MASSIMO(ピッツェリア・ダ・マッシモ)
札幌市白石区川下2条5丁目2-8
011-875-7116
11:30~14:30、17:30~20:30
休みは聞き忘れました。ごめんね。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。