スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11→6.11

3.11から3ヵ月。
季節は春から夏へ。季節が異なると、また新たな問題・課題も浮かび上がってきているよう。
あらためて、自分にできるコトを、できるペースで。
決して押しつけじゃなく、読んでくださった方の”何か”につながれば…。

●ミツバチの羽音と地球の回転
わずか3.5km先に原発がつくられようとしている山口県の祝島。この小さな島を守ろうとしている島人の暮らしを軸に、脱原発を国民投票で決めたエネルギー先進国スウェーデンの現状を伝えるドキュメンタリー映画。
私は先日、この映画の自主上映会に出かけた。原発、自然エネルギー、生きることなど、深く深く考えさせられた。まずは知ることが大切。その先に見えてくるもの、判断できることがあるから。
札幌では「マリオンシネマ」で上映中。今、ぜひぜひ観ていただきたい映画。
http://888earth.net/index.html

●ふくしまキッズ夏季林間学校
田口ランディさんのブログで知った、この活動。
今、外で自由に遊べない福島の子どもたちへのプレゼント企画。第1回目は北海道で夏休みをめいっぱい楽しんでもらおうという準備を進めている。支援金を募集中。
ランディさんがTwitterでつぶやいたところ、ソフトバンクの孫さんが協力を申し出たことでも話題に。
http://fukushima-kids.org/

●台湾の女子高生からのメール
これは、台湾の女子高校生と私の小さなやり取り。Facebookで紹介して反響が大きかったので、ブログにも転載。

先週末に台湾の女の子からFacebookに友達申請のメッセージが届いた。後から知ったのだが、その子は女子高生。

「なぜ台湾から?」と思ったが、私が以前出演した何かの番組が台湾でも放送されたらしく(番組は不明)、来月、北海道に来る予定だという彼女は、私に興味を持ってくれたようで、わざわざ調べてFBに連絡をくれたみたい。

非常に嬉しいリクエストだったけれど、詳しいプロフィールがなく、何か怪しげな類のスパムだったら嫌だなと思いつつも、「プロフィールがない人は友達承認をしていないの、ごめんね」と返信した。それと、3.11で台湾から多くの義援金が届いた御礼も添えた。

すると、自分の簡単な経歴と、去年、日本を訪ねて大好きになったことを教えてくれた。彼女は「fall in love with Japan」と表現していたな。

そして、義援金の件は、11年前の台湾大地震の時に、たくさんの日本人にお世話になったから、お返しができてこちらこそ嬉しいって書いていた。

そんなことを18歳の子にいわれて、じーんときちゃった。アナタ、その時は7歳だったじゃないの。

正直にいえば、11年前、私は個人的には何もしようとしなかった。「台湾、大変だねぇ」くらいな感想を、TVを見て思っただけ…だったハズ。

間もなく、大震災から3ヵ月が経とうとしている。
3.11を通して、忘れちゃいけないことが、またひとつ増えた。


日本政府は各国に義援金など支援への謝意を新聞紙上で述べたが、さまざまな経緯から台湾へはしなかったんですよね、残念ながら。あんなに多くの義援金をいただいたのに…。なので、草の根的にお礼を伝えたのでした。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。