スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道産マンゴー

我が家に北海道マンゴー(神内ファーム21産)がやってきた!

2011073012290000.jpg

神内ファームの噂を聞いたのは、1~2年前。北海道でもマンゴーを栽培できる時代が来たのかと、とても驚いたのを覚えている。

最近ではこの道産マンゴーを使ったメニューをあれこれ噂に聞く。「bar nano.」のマンゴーカクテルとか(今は他産地のものを使っているようです)、「季璃香」では杏仁豆腐のトッピングにマンゴーがのっていた。

丸ごといただくのは、今回が初めて。重量感があり、切らずともいい香りがふわり。ご覧のように鮮やかな色。しかも甘味十分!以前いただいた時は、果肉が硬めな印象だったけれど、とろりとしたマンゴーらしい食感。

一般的に開花から120日くらいで完熟&自然落下するらしいけれど、北海道の場合はさらに10日、余計にかかるらしい。「天使の眠り」約130日間の超熟マンゴー…というキャッチフレーズ。

北国でハウス内の気温を10~30度に保つには、燃料をかなりたかないと難しい。ゆえにお値段もお高め。その辺は思うところはいろいろあれど、試行錯誤の先の結晶であることは確か。そこのチャレンジには敬意を表したい。

農業への夢とロマンが詰まった北国マンゴー、ご馳走さまでした♪
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。