スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレ・サレ焼尻

某誌の取材で、焼尻島へ。
焼尻では、羊のサフォーク種を放牧で飼育している。

潮風が運ぶミネラルをまとった牧草を食べるため、フランス・ブルターニュ地方の「プレ・サレ」にならい、「プレ・サレ焼尻」というブランド名をつけている。



5月とは思えない冷たい風が吹く中、海を見渡す広大な丘陵で、草を食む羊たち。
たくましいなぁ。



羊舎では、産まれて間もない羊が。
人懐っこくてかわいい!

ただいま、帰りのフェリーの出航待ち。
風が強いけれど、揺れませんように!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。