スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオパードなチーズケーキ

先月のこと。

お世話になっている先から届いたレオパードの箱。
金色の地に黒の柄。意味深…。



な、何?と思ったら、来年100周年を迎える「梅屋」の新商品。

ん?! 梅屋!!!
シュークリームでおなじみの、旭川のお菓子屋さん。
勝手にコンサバティブな印象を持っていたけれど、攻めてるなー。

豹柄の箱を開けると、真っ白なホールケーキが登場。
カットしてみると、中は真っ黒。
白×黒、流行りのバイカラー。
どうしちゃったんですか、中身も攻めてます。

ドキドキしながらいただいてみると、いやぁ、これが思いがけずおいしかった(無礼千万ごめんなさい)。
真っ黒な部分、食感はしっとり軽め、でも満足感のあるチョコレートの生地。白い部分はクリームチーズ。間に北海道らしくハスカップの酸味をアクセントに。

あんまり使いたくない表現だけど、かなり甘さ控え目(に感じるつくり)。きっとチョコのビター感、チーズとハスカップの酸味のバランスが良いのかなぁ。

レオパード柄といい、これまでの商品には見られなかったコンセプトといい、この攻めた感覚は某女性アーティストと組んだ商品だからなのだそう。なぜ?という疑問は残るけれど、まっ、いいか。

Y社長、意表をついたプレゼントに感謝です!

「フロマージュ・デュ・レオパール」の詳細はコチラへ。

http://www.ho-umeya.co.jp/msooja/index.htmlフロマージュ・デュ・レオパール
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。