スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の「こなから」

先日のびっくり。



「こなから」小割さんの新作鍋。
「カニ鍋だ!」と座は沸いたが、小割さん曰く「主役はカニではなく、大根」。大根をおいしく食すためのカニ鍋だという。

具材は大根と活毛ガニだけという潔さ。
具材の毛ガニとは別に、だしを取るためだけにもう一匹の毛ガニを用意。毛ガニのだしにメジ節を加え、3種類の味噌で味を調えた。これで大根を炊くのだ。

はふはふと頬張る大根の旨いこと。毛ガニだしと具の毛ガニの深い味わいがたっぷり染み込んだ大根は、旨味の塊。
賑やかなメンバーも、無言で箸を動かす。カニではなく、大根の旨さが言葉を奪うこともあるのだなぁ。

少しだけ大根とスープを残し、お雑炊に。こんな贅沢な大根めしは初めて。



※お鍋は要予約のメニュー。活毛ガニを使うので、価格は時価になってしまうようです。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。