スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三恵堂:イチゴ

春、ときどき初夏という気候。
地もののイチゴが出回る時期になった。
爽やかな味わいは、心も軽やかにしてくれる。

札幌の住宅街にある和菓子処「三恵堂」では、
地ものイチゴが採れる時期だけつくる
いちご大福が楽しみ。

ここのいちご大福は、小豆あんではなく、
白あんに練乳を加えたミルクあんを合わせているのが特徴。

ichigo.jpg

完熟イチゴのみずみずしい甘さと香りが口いっぱいに広がり、
硬めに練り上げたミルクあんと混ざり合って、ん~おいしい。
うるち米を使った生地は、冷やしてもソフトな噛み心地。

三恵堂では毎朝、札幌・南区の農家さんまでイチゴを買いに行くのだそう。
イチゴは柔らかいけれど、今朝まで畑にあった鮮度ゆえ、
果肉にハリがある。
これまでのいちご大福にはない食感とジューシーさが魅力。

品種は、いまは甘みのしっかりした「けんたろう」。
来月中旬からは、甘さと酸味が豊かな「サトホロ」に。

あと、ユニークなのが、イチゴのサイズに合わせて
大・中・小の3種類の大きさを用意していること。
(画像の左が、「小」サイズ)
お腹の具合やお財布事情に合わせて選ぶことができる。

ただ、イチゴの収穫量次第なので、わずかしかつくれない日も。
まさに、畑と直結した旬の和菓子。
ぜひ、どうぞ。

三恵堂
札幌市西区二十四軒3-2-5-9
011-611-3093

 
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。