スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南保留太郎商店

道産品のセレクトショップ「きたキッチン」を覗いたら、
催事コーナーで「南保留太郎商店」の南保さんの姿を発見!
(5/20~5/26まで、お早めに!)

ごあいさつに寄ってみたら、魅力的な魚介の燻製が揃っていました。

ちょうど24日まで、大通公園でライラックまつり&ワインガーデンを開催中。
ワインと一緒に楽しんではいかがでしょう。
(持ち込みNGだったら、ごめんなさい)

たとえば、定番のこちらとか。

n1.jpg

余市町の前浜で揚がったばかりのピチピチの甘エビに、
塩水で下味をなじませ、自然乾燥を経て、
白樺とナラの熟成させたおがくずを使い、低い温度でじっくり燻製。

昔ながらの方法で、前浜の旬を燻製で表現する南保さん。
~北風と燻香と時が、我が仕込みなり~
先代の言葉を、しっかりと受け継いでいらっしゃいます。

煙の香ばしさをまとった甘エビは、
甘さと、ほんのちょっとだけのほろ苦さがあって、
やめられない止まらない♪状態に。


そして、ワタシ的な目玉はこちら。

n3.jpg

本来は1本まんま燻煙&販売している新巻鮭の燻製を、
今回はスライスにし、特別に提供しているのだそう。

噛めば噛むほど、旨味が出るぅぅ。

1本まんま買うのはどうかな…と思われてた方、
いまがお試しのチャンスですよ。


余市の工房&直売所では、ヘラ蟹の燻製がおすすめ!
要冷蔵なので、直売所で食べるか、
クーラーボックスを持参すれば、持ち帰りOK。

季節が良くなったので、余市までびゅんとドライブもいいですなぁ。

南保留太郎商店
http://www1.ocn.ne.jp/~nanpo/

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。