スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・サンテ:ホワイトアスパラ

毎年恒例、初夏の旬味を楽しむ「サンテの会」で楽しんできた。

今年のホワイトアスパラ新作もあるので、これから出かけられる方は、
ネタバレ、ご容赦ください。

今年はワインも面白くて、こちらは、
三笠市の「山?ワイナリー」ピノ・ノワール・ブラッシュ2008。

st1.jpg

今シーズン、初リリースの甘口&微発泡。
ほんのりとしたピンク色がきれいだけど、白ワイン。
飲んだ率直な感想は、大玉のブドウの飴を思わせる印象。
食前酒にはぴったり。

この日の主役食材のひとつは、ホワイトアスパラ。
怒涛のホワイトアスパラ料理を3つ、連続で。

ホワイトアスパラのピクルスとフルーツトマト。

st2.jpg

ホワイトアスパラの風味を邪魔しない、ピクルス液のいい塩梅。
シャキシャキの食感も嬉しい。

こちらが新作。
トキシラズとピキージョ風タルタルを添えた
ホワイトアスパラのバターソテー。

st3.jpg

ピキージョは、独特の風味を持つスペインの赤ピーマンなのだそう。
そのイメージで、パプリカを使い、少し辛味を加えたタルタルソースに。

火を通したアスパラのジューシーな甘味。たまらない。

アスパラ×タルタル、あるいは、軽くスモークしたトキシラズ×タルタル、
さらにはアスパラ×タルタル×トキシラズ、自家製ベーコンと、
いろいろな組み合わせが楽しい。

大地と海の旬味を、じっくり噛みしめたひと皿。


続いては、毎年の楽しみにしている、
公然の裏メニュー・笹で包んだ塩釜焼き。

st4.jpg

熊笹で包んだホワイトアスパラを塩釜にして焼き、
客前で取り出すプレゼンテーション付き。
塩釜を開けた途端に広がる、熊笹の香りが食欲を刺激!

st5.jpg

一度、厨房へ引き上げ、お皿に盛りつけてテーブルへ。
トウモロコシにも似たホワイトアスパラの香りが印象的。
絶妙の蒸し焼き加減。
ん~、甘い! いい香り! 生命力あふれる大地の味わい。

手前のホワイトアスパラは、成長が早かったのか、気が急いていたのか、
土から頭が出ていて、色が紫からややグリーンになっていたけれど、
それもまたご愛敬。


この日は、誕生日の前哨戦として、ケーキで祝っていただいた。
素敵なお心遣いに感謝です!

st6.jpg

La Sante(ラ・サンテ)
札幌市中央区宮の森1条6丁目5-1 M1.6ビル2階 
011-612-9003
http://www.la-sante.jp/
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。