スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春シャコ

姿カタチでちょっと損をしている。
いや、かなりかな。
食べず嫌いされちゃうことも多いらしい。

ホントはおいしいのに。

そうです、シャコのこと。


北海道のシャコは大ぶり。
主要な産地は石狩湾。
小樽や石狩・厚田あたりが有名な産地。
漁期は晩春~初夏、秋~初冬。

小樽では昨年、ゆでたてほくほくのシャコが食べられるとあって、
「シャコまつり」が盛況だった。

そう、シャコっておいしいんだけど、
北海道で流通するのは、ボイル済みがほとんど。

鮮度低下が早く、イキが下がると殻が剥きにくいからと、
網からはずしたら、漁師さんがすぐに活ゆでにしてしまう。
それが長年の浜の、市場のお約束。

塩加減もゆで加減も、漁師さん任せ。
塩辛いものも多い。パサついてかわいそうなものも少なくない。
一度火を入れちゃあ、料理にバリエーションを出すのも難しい。

それで、札幌の料理人たちは、眠い目をこすり、
石狩方面の朝市まで車を飛ばし、活シャコを買ってとんぼ返り。
生きているうちに仕込みに入る。

せっかくの甘さを逃さないように、ゆでずに蒸す。
身もしっとりしておいしい。

迫力のあるこちらの料理は、マガーリより。

シャコと温野菜の盛り合わせで、
同じく今が産卵期のキジの温たまを添えたひと皿。
シャコのツメに入っていたお肉も取り出し、盛りつけられていました。
甘さといい、肉厚でしっとり身質といい、食べ応えあり!

m1.jpg


そのほか、ガルスグループル・プルコア・パSagra、SABOTなどでも使っていたと記憶しています。

メニューで見かけたら、石狩湾のシャコを食べてみてください!
漁期は6月中旬ころまで。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。