スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BAR CHEERIO:イチゴ

隔週土曜日恒例、読売新聞・夕刊の連載のお知らせです。

一日遅くなってなってしまいましたが、
今回は、「バー チェリオ」のカクテルをご案内。

詳しくは、記事を読んでいただくとして、
ここでは、紙面に反映できなかった裏話をちょこちょことご紹介。

▼「バー チェリオ」の記事は、6/13(夕方)に掲載
喜食満面~旬感覚


チェリオは、年中無休&ノーチャージと、
使い勝手も良く、お財布にもやさしいバー。

ノーチャージというと、客に若い世代が多いイメージがあるが、
チェリオは大人な客が多いのが、また嬉しい。
そしてそして、オープンは17時。

マスターが元料理人なので、
充実したフード(バーなのに)にもファンが多い。

今回の記事では、いまが出盛りの札幌産イチゴをテーマに、
イチゴのシャンパンカクテル「ピンクシボレー」を紹介している。

che1.jpg

ピュレ状にしたイチゴに、シャンパンを注いだだけの
シンプルなカクテルだけど、色合いと香りがとっても華やか。

グラスを口元に近づけると、甘~い香りに惑わされるけれど、
辛口シャンパンのキリリとした味わいと、
イチゴの酸味が広がる、すっきり軽やかな飲み心地。
意外にドライです。

写真の右側にある「モヒート」は、
マスターが育てたミントをたっぷり使った、
この時期から夏まで登場する、旬のカクテル。

「ミント・ジュレップ」もそうだけど、
太陽の香りが似合う一杯。

パッとしないお天気が続いているけれど、
カクテルの力を借りて、
気分だけは晴れやかにいたいものです。


ところで、ピンクシボレーがいつどこでできたのか、
ご存じな方、ぜひ教えてください。

カクテルブックには載っていないんですよねぇ。
ググってみたけれど、これぞというのは出てこなかったし。

シボレーってことは、アメリカ?
そんな単純じゃないか。


BAR CHEERIO
札幌市中央区南3西2 KT三条ビルB1F
011-232-4344
http://www.bar-cheerio.com/
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。