スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風来:とり麺

すすきのの新店のご案内です。

セントラルS4ビルの地下に、今週16日にオープンしたばかりの
銘酒逸品「風来(ふうらい)」。

日曜日も営業しているので、知っていると嬉しい和食のお店。
店内はゆったりと設えてあり、グループ客も寛げるだろうし、
ひとりカウンターめしもまた、いい感じ。

f1.jpg



まず、最初は自家製塩辛からいきましょうか。
シャキシャキの鬼おろしとの相性がいい感じ。
(鬼おろし=粗くおろした大根おろし)

f4.jpg

メニューは酒肴やその日の魚料理のほか、
高級焼き肉店の店長を務めていた経験を生かし、
目利きをした肉料理も得意分野。

f7.jpg

黒毛和牛のステーキから、黒毛和牛と男爵イモのメンチカツまで並ぶ。
おいしいお肉を少しだけ食べたい…という希望にも応えてくれる
アラフォーには嬉しい心づかいも(笑)。

f2.jpg

素材は、吟味するところから妥協せず、
最上級とは言い切れないけれど、
ある程度、胸を張りたいところです、とご主人。

実はこの方、以前は「エスフェるそ」という無国籍料理店をされていて、
スパイスの調合、トルティーヤづくりなども自家製という、
なかなかにこだわりの深い料理人でもあります。

以前からの夢だった和食のお店を立ち上げるべく、
異ジャンルからの、そしてこのご時勢の中での一念発起。
気合いが違います。

前店から引き継いだ唯一のメニューが、とり麺。
これがおいしいんですよ。

f6.jpg

鶏ガラでしっかりきっちり取った濃厚スープの温麺。
具材は一切なし。
スープの味わいで勝負の一杯。

和食店ということもあり、追いガツオ主体のとり麺もあり。
個人的には、鶏スープ主体で、ほんの少しカツオを足したバージョンが好き。
メニューにはないけれど、ご主人にリクエストしてみてください。

炊き立て土鍋ご飯とそれに合うおかずのセットや
おばあゃん直伝の漬物、
道産小麦と米粉のピッツァなんかも気になるメニュー。
お酒類は銘柄は少ないものの、種類はいろいろあり。

多彩なジャンルを経験してきただけに、
これからのメニュー展開が楽しみな一軒です。

ところで、同じフロアには某ソムリエの新店もオープン予定だとか。
南3~4条界隈、ますます面白いことになりそうですなぁ。

銘酒逸品 風来
札幌市中央区南4西2 セントラルS4ビル B1F
011-272-5145
17:00~24:00、月曜休み





関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。