スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道ワインツーリズムに参加:後編

前回のブログで、今年の北海道は天気が悪いとぶー垂れたら、
急に夏がやってきた。

作物には、恵みの暑さ。
人間には…。いきなりの真夏日はキツイなぁ。

さて、遅くなりましたが、「北海道ワインツーリズム」推進協議会
モニター・バスツアーの後編をレポートします。

ta1.jpg

※前篇をご覧になっていない方は、こちらからどうぞ。
北海道ワインツーリズムに参加:前篇

宝水ワイナリー、山崎ワイナリーの後は、滝川にある「ラ・ペコラ」でランチタイム!

こちらは、ラム料理が自慢のレストラン。
羊に深い愛着を持たれているシェフで、
イタリア、スイス、モンゴルで羊料理を勉強されてきた方。
最近は、滝川産小麦ハルユタカの手打ちパスタも、おすすめメニューに仲間入り。

今回もひと品目から、柔らかな滝川産ラムのカルパッチョ!

p1.jpg

滝川産ハルユタカで打ったタリアテッレを、
アマトリチャーナでいただいた。
道産小麦特有のもっちりとした食感。
麺にも味わいがあって、いいですね!
p2.jpg

もちろん、今回訪ねた&訪ねるワイナリーのワインも一緒に楽しんだ。
ほんとなら、ワイナリーで試飲するほうが、いろんな意味でストンとくるのだけれど、
ある程度の人数でお邪魔しちゃうと、試飲させてもらうのは大変なのかなぁ。

まぁ、同じ土地で生まれたワインと料理を味わえるのは、何よりの幸せ。
これぞ旅の醍醐味ってヤツですね。

p5.jpg

ワインツーリズムはワイン・ラヴァー以外にも、
食を楽しみにしている方にもアプローチできるツアー。
食材を通して、その土地の成り立ちや歴史なんかも見えてくる。

ここ滝川は、羊の増産が国策で進められてきた大正時代、
滝川種羊場がつくられ、ジンギスカンの流れに大きな影響を与えたところ。
羊飼育を奨励しただけではなく、羊肉の解体や調理方法の指導も担当。
地元産のリンゴやタマネギの搾り汁、醤油など家庭にある調味料に浸けこみ、
焼くだけの味付けジンギスカンは、ここから生まれたんですねぇ。

今では種羊場(滝川畜産試験場)はないのですが、
滝川はめん羊(サフォーク)のまちとしても有名。
最近では、サフォークの増産も盛んに。

だからこその、ラム肉のカルパッチョなワケです。
ラムのお刺身は、そうそう食べる機会はないですからね。

デザートには、地元の江部乙産リンゴのシャーベットが登場。
こちらも土地の恵みですね。



満腹でほろ酔い。車中でウトウトできるのも、バスツアーならでは。
続いて出かけたのは、今回、一番楽しみにしていた「歌志内太陽ファーム」

とても評判がいいので、一度飲んでみたかったワイン。
ブドウ畑の中で試飲させてもらうという、贅沢な時間を体験。
この場所で育ったブドウでつくったワインなのかと思うと、感慨も一入。

ta2.jpg

いやぁ、びっくりしました!
2005ペンケウタシュナイ ピノ・ノワールのおいしいこと。
熟成感もあって、ピノらしさもあって。
思わず買っちゃいました。1本3990円。

自社のピノ・ノワール100%でつくっていて、
2006年以降はクマやアライグマの被害で十分な収量が採れず、醸造を断念。
今年こそは!と、栽培家さんは話していました。

ta3.jpg

ここは元々鉱山の跡地ということもあり、
土中の成分がいい影響を与えているのだとか。

機会があれば、ぜひお試しを。



ラストにお邪魔したのは、「マオイワイナリー」

ma1.jpg

定年後にご夫婦で始めた小さなワイナリー。
栽培も醸造も販売もお二人でされて、お話を聞いていると、
何だか気持ちがほっこりしてくる。

ma2.jpg

そういえば、「ペコラ」で飲んだこちらの赤ワイン「山ブドウ」は、
名前の通り、山ブドウ種が主体だけれど、
酸味がさほど強くなく、どっしり構えた穏やかなタイプ。
ワインって、造り手の人柄を表わすものなのだなぁと、思ったりして。

p3.jpg

土・日曜は、ワイナリーのショップを開店。直売をしている。
そして、訪れた人を美しい眺めでもてなしたいと、
敷地内の高台に、晴れた日は石狩平野を一望できるスペースをつくったのだそう。

この日は、イマイチなお天気だったけれど、
雲の合間から天使のはしごが。
きれいだなぁ。
ma4.jpg



駆け足で巡ったモニター・バスツアーのレポート、いかがでしたか?

本来は観光地ではないところにお邪魔し、
自然、畑、ワイン、食、そして人とふれあうワインツーリズム。

生産現場に足を運び、おいしい”素”が生まれる
大地の魅力を実際に見ることで、
北海道産ワインへの興味が深まり、応援したくなる。

何より、北海道の何気ない景色の素晴らしさに、
生産者の方々の笑顔に癒される。

これはひとつの旅のカタチとして、アリですね。

「北海道ワインツーリズム」推進協議会では、
ルールづくりなどをしっかり整え、
この秋には、推奨できるツアーをホームページなどで、紹介していくとのこと。
要チェックです!

wine.jpg

推進協議会の会長、副会長、事務局長、
ありがとうございました&お疲れさまでした。

【関連サイト】
インターリンクジャパン
こちらでも、「北海道発!ワインツーリズム」事業を展開。
そのほか、「ZOOロハス」など、ワインを通した面白いイベントも開催。

大好きワイン応援団
こちらのブログでも、ワイナリーツアー、道産ワインを楽しむ食事会などを開催。






関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。