スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなみ北海道vol.3:ピアット(八雲)

昨日から夏恒例、大通公園のビアガーデンが始まった札幌。
今朝もどんよりとしたお天気。
残念ながら、部分日食は見られそうにありませんねぇ。


さて、「マンスリーみなみ北海道グルメマラソン スタンプラリー」のお知らせです。

※毎週金曜日にHBCのHana*テレビ内でOA。
そして、その数日後に「おいしい探検隊が行く!」で、動画up。

3回目は、八雲町へ(7月18日OA済み)。
八雲町の名前の由来は、「1週間のうち8日は曇っているから」と聞いたけれど、
ロケの日は曇りのち晴れ。
厚い雲の合間から、青空と青い海が見え隠れ。

八雲2

今回は、地元はもちろん、道内でも流通量が少ない
北里八雲牛を使ったメニューをご案内。
お邪魔したのは、ダイニングパスタ「ピアット」。
2007年にオープンした、イタリア料理ベースのダイニング。

ここのハンバーグは、北里八雲牛と地元のホエー豚の合挽。
アツアツのフライパンにのって提供される。
レギュラーサイズで200gとボリューミー!

八雲ピアット

この北里八雲牛は、八雲町にある北里大学の牧場で放牧主体に育てられた牛。
短角牛をベースにした交雑種で、赤身がおいしい品種。
脂身が少ないので、ホエー豚の甘い脂をプラスしている。

しっかりとこねているので、ふっかふかの食感。
自慢のトマトソース、チーズのコクと相まって、うん、おいしい。

大学の環境保全型畜産研究の実践牧場ゆえ、
生産できる頭数に限りがあるため、地元や道内ではほとんど流通していないのだそう。
その希少な味に出合えるのが、ピアットというワケです。
(北里八雲牛の詳細は、こちらへ

国道5号沿いの好立地。
ドライブのランチ候補にいかがでしょう?

ダイニングパスタ Piatto(ピアット)
八雲町内浦188-1 
0137-62-3900
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。