スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そばびより 朱月菴

本州でいう、梅雨ってこんな感じなのかな?
気温はそれほど高くはないけれど、どうも湿度が高い。
本物の梅雨と比べると大した湿度ではないのだろうけれど、
どーもダメだなぁ、この湿気っぽい感じ。

こんなときは、「そばびより朱月菴」(あかつきあん)の気分。

すすきの市場の地階、ザ・昭和な空間が漂うすすきのゼロ番地の中にある、お酒とお蕎麦のお店。
札幌では数少ない、蕎麦屋で飲む遊びを提案している。


カウンター8席の小ぢんまりしたお店は、
女性ひとりでも、ふらりと寄れちゃうあずましさ(=居心地がいい・北海道弁)。
箸や器の朱色が映える、白い壁&黒いカウンターが、モダンな印象。
周囲の昭和テイストから一変!

私の好きなアテは、丁寧な仕込みで上品な味のスジコン、そして板わさ。
ハートランドや焼酎のそば湯割りなんぞを飲みながら、
ジャック夫妻とおしゃべり。

朱月庵

板わさに添えられた、塩昆布とチーズがまたいいんだなぁ。
このふたつを一緒に食べると、ホントおいしい。
これ単体でメニュー化して欲しいくらい(笑)。

締めに手繰るせいろは、道産そば粉で手打ち。
細切りでびしっとエッジのたった丹精な姿。
つゆはキリッとした辛口系。

朱月庵2

お腹に余裕があれば、温かい地鶏きのこ蕎麦もいいなぁ。
夏とはいえ、札幌の夜は肌寒い日も少なくないからねぇ。


そばびより朱月菴
札幌市中央区南6西4すすきの市場地下
011-562-8081
http://www.k4.dion.ne.jp/~soba1002/
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。