スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本料理とらや:うなぎ

週も後半。
気合いを入れるため、「日本料理とらや」へ。

この時季のとらやのお楽しみといえば、うなぎ。
ふくちゃんのブログに翻弄され(笑)、贅沢にもうな重ランチ。

こんなきれいな蒔絵のお重で、うなぎが登場!

とらや2

むふふ、早速、お重の蓋を取ると…。
うなぎとタレのいい香りがふわぁっと、鼻をくすぐる。
それにしても立派なサイズのうなぎだなぁ。

とらや3

えーい、もっと寄っちゃえ!
どうですか、この照り具合の美しさ。

とらや4

じっくりと蒸した後、炭火で焼いたふんわりした食感は、江戸前の仕事。
うなぎの甘さにタレの香ばしさが相まって、そりゃあ、おいしいに決まってます。
そして、こちらはご飯もおいしいんだなぁ。
新篠津村の赤とんぼ米。おぼろづき(品種)を使用。

とらや5

食後は、ゼリー風のグラスあんみつでさっぱり。
寒天の下には、甘みを抑えた小豆が隠れている。
涼し気な和のデザート。

なんと、今年の土用の丑の日は、7月に2回もあるのだそう。

「いつもは7月と8月にあるのですが、7月に集中するのは、
江戸時代に1度あったきりらしいですよ」と、丸山さん。

とらやでは、31日の土用丑はすべて予約制。
この日はかなり込み合うので、別日にゆっくり、がおすすめです。
お昼のうな重も、蒸し時間がかかるので、予約なしだと待ち時間もかかるので、
前日でも当日でも、連絡してからお出かけを。
(うなぎは、8月末頃までやる予定だそうです)

日本料理とらや
札幌市中央区大通西28丁目
TEL011-611-7688 
http://homepage2.nifty.com/toraya-sapporo/

▼以前のとらやの記事は、こちらへ
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。