スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩秋

昨日、黄昏時の中島公園がとても美しかった。







世界の中で落葉樹林がまとまってある地域は極わずか。ある方がそう教えてくれた。

わずかな紅葉の季節、しばし足をとめて、この美しさを楽しみたい。

菱の実

お初にお目にかかります。
「菱の実」



栗とレンコンを足して2で割ったような味と食感。
道内の湖沼に結構あるらしいが、漁業権が発生するので、勝手に取ってはダメらしい。



そのほか、特に印象深かった料理はこちら。お出汁がすばらしい松茸と鱧のお吸いもの、白身のお刺身をお得意の煎り酒で、湯葉や長ひじきをミカンの酸味がやさしい黄身酢で。備忘録にφ(..)

そして、この器がかわいらしかった。
久々にお邪魔した西28丁目の「楽味」さんにて。

レオパードなチーズケーキ

先月のこと。

お世話になっている先から届いたレオパードの箱。
金色の地に黒の柄。意味深…。



な、何?と思ったら、来年100周年を迎える「梅屋」の新商品。

ん?! 梅屋!!!
シュークリームでおなじみの、旭川のお菓子屋さん。
勝手にコンサバティブな印象を持っていたけれど、攻めてるなー。

豹柄の箱を開けると、真っ白なホールケーキが登場。
カットしてみると、中は真っ黒。
白×黒、流行りのバイカラー。
どうしちゃったんですか、中身も攻めてます。

ドキドキしながらいただいてみると、いやぁ、これが思いがけずおいしかった(無礼千万ごめんなさい)。
真っ黒な部分、食感はしっとり軽め、でも満足感のあるチョコレートの生地。白い部分はクリームチーズ。間に北海道らしくハスカップの酸味をアクセントに。

あんまり使いたくない表現だけど、かなり甘さ控え目(に感じるつくり)。きっとチョコのビター感、チーズとハスカップの酸味のバランスが良いのかなぁ。

レオパード柄といい、これまでの商品には見られなかったコンセプトといい、この攻めた感覚は某女性アーティストと組んだ商品だからなのだそう。なぜ?という疑問は残るけれど、まっ、いいか。

Y社長、意表をついたプレゼントに感謝です!

「フロマージュ・デュ・レオパール」の詳細はコチラへ。

http://www.ho-umeya.co.jp/msooja/index.htmlフロマージュ・デュ・レオパール

秋の新店訪問

昨夜は久々に新店訪問。備忘録にφ(..)

北イタリアの料理を楽しめる「osteria iL SOLITO」にて。

厚岸産のムール貝のワイン蒸しは、火の通し方なのか、小ぶりなれど、柔らかくておいしい。


パンとスペックのカンネデルリ。
チロル地方のパスタ料理。パンのお団子の中に生ハムがいっぱい。鶏スープと一緒に味わうひと皿。素朴なれど、ほっこり嬉しいお味。


2軒目の「HASSO」では、禁断の白トリュフのドルチェにときめく。


生卵をトリュフと一緒に密閉容器に入れると、香りが移るんですって!しかも、アルバ産の白トリュフを使用。

その卵でつくったアイスクリーム、チーズのクリーム、さらにその場で白トリュフをスライスしてくれる。
なんて贅沢な!!!!!

さ、今日は質素に過ごそう。

ある日の道庁

新しいミラーレス一眼を買ってから、日常の風景をアレコレと切り取りたくなる。
門扉の飾り越しに撮れば、見慣れた赤レンガもこんな感じに。

歩調を緩め、アングルを探る。
日常の非日常を探す作業は、ちょっとした発見にもつながるので楽しい。



初夏の赤レンガは、カラスの子の巣立ちの季節。
ぼんやり歩いていたら、カラスが頭上すれすれを低空飛行。
近くに子ガラスがいたのかな、威嚇されちゃった。
みなさまもお気をつけください。



お池の蓮花も咲き始めていた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。